Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾウに乗るペルシア人とムーア人



 とても手の出ないものは、ブログに貼って愛でましょう。
というわけで。
ドイツが誇るマイセンの「ゾウに乗るペルシア人とムーア人」。
18世紀のアンティーク品。お値段147万だそうでございます!! か…買えないよxx
ゾウ使いの少年はムーア人、ゾウに乗っているのはペルシアの貴婦人だとか。18世紀のヨーロッパの人々はこんなエキゾチックに憧れていた模様でございます。
1年ほど前、ドイツのマイセン博物館を見学したのですが、これは見たかなあ…。いかんせんコレクションが膨大で、記憶があやふやxx

とても手が出ないドイツの宝飾品といえば、ドレスデンの緑の丸天井の「ムガール皇帝誕生日の宮廷」という金銀宝石で作られたミニチュアは素晴らしかったです! たしかあれにもゾウさんが登場していた筈。
緑の丸天井は撮影禁止で、せめて絵はがきでも買いたかったが、画像が悪かったので、買わなかったのですよxx ネットに画像落ちてないかしら。
スポンサーサイト

インド・オリッサ州の先住民のトライバル・アート

 

 可愛いゾウさんを求めてネットの海をふらふらしてましたら、こんな素敵なアートを見つけました。
インド東部、オリッサ州の先住民の金属工芸品。
左が壁掛けフック、右はオイルランプです。
蝋で作った型に真鍮を流し込むのですが、蝋の原型は溶かしてしまう(もったいない!)ため、同じものは2つとないのですって。
オリッサにはいつか行かねば!

イタリアでデザインされたキュートなゾウさん

 


 か…可愛い…!! と思わずモニタに張り付いてしまったこのゾウさんティーポットとティーカップ&ソーサー。
イタリアでデザインされるとこんなにポップでキュートなのですね!
イメージは、ヨーロッパのサーカスのテントのゾウさん。さあ、ショーが始まるよ☆と、ティータイムも楽しくなりそうですね。
他にもキャンディポット、シュガージャーなどいろいろありますね。
ソルト&ペッパーシェイカーは玉乗りゾウさんですよ!
う~ん、トータルで揃えたい☆
ウイッシュリストに載せておきます☆ 誰か私にプレゼントして!(笑)

ゾウの香りを纏ってみる



 実はたった今気付いて驚いた!
私、匂いの強いものは結構苦手で、香水などもつけられる香りが限られていて、3種類くらいをローテーションしているのですが、その最たる愛用品がこれ。
「Kenzo Jungle Elephant」でございます。その名もゾウさんではございませんか! いや、ほんと、今初めて気付いてびっくり(笑)
香りまでゾウさん好きでしたか、私!
この香水のボトルキャップはゴールドのゾウさん。(我が家のボトルキャップは何処に行ったのか?!)
ミニチュアボトルを並べてみるのも楽しいかも☆ 今度やってみます!

羊じゃなくてゾウです錠




 特にコレクションをしていたわけではございませんが、ふと見渡せば、我が家のあちらこちらに鎮座していらしたゾウさんたち。
そんな我が家のゾウさんたちをご紹介して参ります。


 まずはお気に入りの一品から。
見ようによっては羊に見えなくもありませんが、紛れもなくゾウさんです。ほら、長いお鼻をくるりと巻いているでしょう?
こちらはタイ製のゾウさん型錠前です。底面に鍵穴があるのです。
可愛いでしょう? こんなの買いにタイに行きタイ☆
このゾウさん錠前は私の旅仲間。気分はエルメスのなんちゃってカデナ?!(笑)

購入しましたのは有馬温泉のエスニック雑貨屋さんにて。
地方都市の雑貨屋さんはなかなか侮れません。

ゾウのウエルカムドリンク



 アンコールワットのあるシェムリアップの街のクラッシックホテル、ロイヤルホテル・ダンコール。
このホテルはこんなキュートなゾウさんの器のウエルカムドリンクで迎えてくださいます。
陶器の壷…なのでしょうか? 上にちょこんと載せられたピンクの蓮とのコンビが見事です☆
我が家にもこんなカップが欲しいですねー。
洗いにくいので甚だ実用的ではありませんがxx


 そしてこのホテルには、「Elephant Bar」というbarがありました。
↑の写真はbarの案内。これまた素敵な木彫りのゾウさんの額に入ってます。
先のゾウさんの壷と、手前にはゾウさんの置物。
ゾウ尽くしですね!



Appendix

まとめ

etc.

にほんブログ村 雑貨ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。